美容皮膚科 タカミクリニック タカミクリニック
* * *
*
* タカミ式プチ整形
*
*
*
*
*
入門編 「プチ整形とは何か」を知りたい
*
1. プチ整形って何ですか?
*
2. プチ整形の特徴は何ですか?
*
3. どんな方法があるのですか?
*
4. 実際にどこがどのように治せますか?
*

応用編 もっと知りたい・実際に治療したい
*
1. はじめに
*
2. プチ整形の利点とブームの背景
*
3. プチ整形についての新聞記事
*
4. ヒアルロン酸注入
*
5. ボトックス注射
*
6. 実際の治療
*
7. 部位別の説明と保持期間
*
8. プチ整形の安全性とリスク
*
9. Q&A
*
10. 症例写真
*
11. カウンセリングを受ける前に
*
12. 治療費について
*

ヒアルロン酸注入 他院との違いQ&A

タカミのコスメ

応用編 7.部位別の説明と効果持続時間
*
* 部位別の説明と効果持続時間
*
*

※ 効果の持続に関しては、個人差があります。医師とご相談ください。

*
[症例写真へ]
*

額の横ジワにはヒアルロン酸注入、ボトックス注射のどちらも有効です。
まゆを挙げたり、上を見たりした時にできるしわには特にボトックスが有効です。
ボトックスの注入量、注入位置は患者様一人一人によって異なります。
何もしなくても横ジワが残ってしまっている方や頭蓋骨の前頭部が張り出していて(骨格的な原因によって)しわができてしまっている方にはヒアルロン酸注入を用いることもあります。
また、両治療の併用など、患者様に合わせた治療をご提案しています。
使用薬剤:ヒアルロン酸(レスチレンタッチ)→効果持続時間(目安):6〜12ヶ月
使用薬剤:ボトックス→効果持続時間:3〜4ヶ月


*
涙袋 [症例写真へ]
*

目元にヒアルロン酸注入をすることで涙袋を作り、目を優しい印象にすることができます。
全体的にボリュームを出したい、目尻側にふくらみがほしいなど、涙袋の形・大きさをご希望のイメージやバランスに合わせながら、自然な目元ラインをつくっていきます。
使用薬剤:ヒアルロン酸(レスチレンタッチ)
効果持続時間(目安):6〜12ヶ月


*
目の上のくぼみ [症例写真へ]
*

年齢とともに、だんだんとまぶたの脂肪が減り、やせてきて、上まぶたがくぼんでしまう場合があります。このような場合、くぼんだ部分へヒアルロン酸を注入することで、まぶたをふっくらさせ、若々しい目もとを取り戻すことができます。
使用薬剤:ヒアルロン酸(ビタール)
効果保持期間(目安):6〜12ヶ月


*
眉間 [症例写真へ]
*

眉間のしわはプチ整形により劇的に改善させることが可能です。
眉間のしわが目立ってしまう方には、その縦ジワだけでなく、その周囲も全体的にくぼんでボリュームが無くなっている方が多く見られます。そのため、しわの線の直下だけでなく眉間全体に均一にボリュームを出すことでお顔全体のイメージが若々しく変わります。
また、しわを完全に消し去らずに、注入量を調節することで眉間のしわを少し残しながら改善することも可能です。(特に男性の方は眉間のしわを少し残すことを希望されることが多いようです。)
注入範囲も狭く、出血の頻度も少ないため、プチ整形初めての方にお勧めの施術です。
ヒアルロン酸のみでもいい結果は出せますが、ボトックスを加えれば、さらにパーフェクトな結果が期待できます。
使用薬剤:ヒアルロン酸(レスチレン)→効果持続時間(目安):6〜12ヶ月
使用薬剤:ボトックス→効果持続時間:3〜4ヶ月


*
くま [症例写真へ]
*

年齢とともに、疲れたり、寝不足だと黒ずんで見える眼窩内脂肪組織が目だってきます。
さらに頬がたるんでくるとくぼみが生じてしまい陰影をつくって更にくまを目立たせています。(地下鉄の窓に映る時に見えるアレです。)
外科的な治療としては、メスを使って目の下まぶたの境界部を切開し、眼窩内脂肪組織を摘出する方法がとられております。しかし、この方法では術後その部分が余ってだぶついたり、しわっぽくなってしまうこともあり、結局、ヒアルロン酸や脂肪注入を行うことにもなりかねません。また、やはり外科手術である為、どうしても手術に踏み込めない方も多くいらっしゃるようです。
このような方には、ヒアルロン酸注入で影を作るくぼみを消してくまを目立たせなくすることをお勧めします。目の下は内出血する率が非常に高いため一般にはヒアルロン酸注入は行わないほうがよいと言われておりますが、独自の「ポイントインジェクションメソッド」により内出血の出現率を最小限に抑えることに成功しております。(10人に3人程度の割合で直径5ミリ程度の内出血をすることがありますが、1週間から10日程で自然に消失します。また、この内出血はカバーメイクで済む程度です。)また、術後の腫れが少しでる方も多い場所ですが、この腫れは2〜3日でおさまります。
特徴:痛みを全く感じないことも多く、さらに直後からお顔が若く、元気に見え、お顔の皮膚にハリがでるため、リピート率の高い施術です。
目の下の小ジワも下から引っ張られることで多少改善しますが、当院独自の技術により、難しいとされている小じわにも注入可能です。
使用薬剤:レスチレンタッチもしくはレスチレン
効果保持期間(目安):6〜12ヶ月


*
目尻(からすの足跡) [症例写真へ]
*

目尻の小ジワもボトックス注射で目の周りの眼輪筋の作用を抑制することで解決します。
ボトックスが有効に作用すると思い切り力を入れて目を閉じても「からすの足跡」と呼ばれる嫌な小ジワができなくなります。
また、すでに定着してしまったしわにはヒアルロン酸を注入することで、目元もふっくらし、しわも改善します。
使用薬剤:ヒアルロン酸(レスチレンタッチもしくはレスチレン)→効果保持期間(目安):6〜12ヶ月
使用薬剤:ボトックス→効果保持期間(目安):3〜4ヶ月


*
鼻・鼻筋(鼻全体を高くする・鼻根部を持ち上げる 段鼻・ワシ鼻矯正) [症例写真へ]
*

適切な箇所に適切な量のヒアルロン酸を注入することで、鼻筋を通すことができます。のっぺりとしたお顔の印象に凹凸ができ、顔にめりはりを与えます。
従来のプロテーゼによる整形手術よりもはるかに簡単に自然で殆ど同等の効果が得られます。そのためヒアルロン酸注入による隆鼻術は、人気の高い方法です。唯一の欠点は永久的な持続性がないことです。(それが利点でもあります。)
美容外科でプロテーゼを入れる前のシュミレーションとして施術を受けられる場合も多いようです。
ギュッと目を閉じた時や大笑いした時、鼻にできる縦のしわ、横のしわはヒアルロン酸でハリを出すことによって改善されますがボトックス注射も場合によっては適応になります。
使用薬剤:ヒアルロン酸/パーライン→効果保持期間(目安):12ヶ月〜
使用薬剤:ヒアルロン酸/レスチレン→効果保持期間(目安):6〜12ヶ月

使用薬剤:ボトックス注射→効果保持期間(目安):3〜4ヶ月


*
口元の笑いジワ(ハの字しわ) [症例写真へ]
*

この部位は内出血する可能性も非常に低く最もポピュラーな施術です。口元のしわがフケ顔の原因となってしまっていることは意外と多く、少し浅くするだけでも印象が変わります。術直後からお顔全体のイメージがすっきりと若々しくなり、患者様の喜ぶ顔も印象的です。
具体的には、ヒアルロン酸注入の適応になり、大きなくぼみは濃度の高いパーラインを深部に注入し持ち上げます。さらにファンデーション詰まりを起こすような浅い小ジワがあれば、濃度の薄いレスチレンもしくはレスチレンタッチも併用します。
短時間で気になるしわを消すことができ、すぐに効果が実感できます。
使用薬剤:ヒアルロン酸→効果保持期間(目安):12ヶ月


*
あご [症例写真へ]
*

東洋人はあごの発達が悪く「引っ込んだアゴ」の人が多い傾向があります。アゴが引っ込んでいると出っ歯や幼く見られることもあります。このような場合、あごへのヒアルロン酸を注入することによってあごの中央にポイントを作り、子供っぽく幼い印象からシャープで知的な顔立ちに、より引き締まった大人っぽい顔立ちになります。
また、あごに特に悩みのない方でもあごの中央にボリュームを出しポイントをつくることでお顔がしまってやせて見え小顔効果も期待できます。横顔にも自信がつきます。(“横顔美人”の秘訣は、おでこから鼻筋・あごのライン(Eライン)のバランスを整えることです。)
使用薬剤:パーライン→効果保持期間(目安):12ヶ月


*
えら [症例写真へ]
*

お顔の「角張り」は、骨格的なことだけでなく、アゴを動かす筋肉の過緊張や発達が原因であることも多いようです。この場合、外科的な手術(切開を伴う下顎骨骨切術や脂肪吸引)といった必要がなく、ボトックス注射のみで解決できます。
ボトックスの作用によりお顔の角張った「えら張り」部分の筋肉の緊張を抑制し、顔をほっそりとさせます。数回の治療により筋肉自体の厚みも落ちて定着してくることを目的とします。この処置は骨格性のお顔の「角張り」には効果がなく、咬筋という筋肉の発達によるお顔の「角張り」に特に効果的です。(咬筋は奥歯をギュッと噛み締めた時、手で触れるとアゴの後方(下顎角)の部分に力がはいる筋肉です。)
つまり、エラ張りの原因が骨格でなく、咬筋の発達による場合に有効です。
使用薬剤:ボトックス→効果保持期間(目安):2週間で効果がではじめ数ヶ月持続します。


*
くちびる [症例写真へ]
*

くちびるのふちをはっきり目立たせることによりお顔だちをシャープにみせることができます。年齢のためにボリュームが落ち、縦ジワが増えてしまった方もヒアルロン酸を注入することで、簡単にふっくらとさせることができます。
また、ぽってりと厚みのある唇もヒアルロン酸注入で簡単に作ることができます。(処置当日より口紅可能です。)
使用薬剤:レスチレンもしくはレスチレンタッチ→効果保持期間(目安):半年程度


*
こけたほほ [症例写真へ]
*

急なダイエットやもともとほほ骨が高くその陰影が気になる場合、ヒアルロン酸注入によってややふっくらとした自然なラインを作っていきます。ほほ骨の直下から下方に向かい注入を加えていく方法で陰影が徐々に目立たなくなっていくのを鏡で確認してもらいながら、納得するまで施術を進めていきます。内出血の確率も非常に低く、効果の高い治療です。ただし、他部位と較べ、使用量がやや多いのが欠点です。
使用薬剤:レスチレンもしくはレスチレンタッチ

*
* 戻る * 次へ *
*
* * *